line decor
  
line decor
spacer

logo

要求、要件定義について
要求、要件内容を作成する場合の参考にしてください。
ただし、あまり難しく考えずに、読んでみるだけでも良いかと思います。

■要件定義の目的

1. 業務をシステム化するときにユーザ側の要求をまとめる作業を要求定義といいます。その成果物
を要求定義書といいます。  

2. 要求を実現するために、システム化の要件をまとめる作業を要件定義といいます。その成果物を
要件定義書といいます。

3. 要件定義は、システム化の範囲を明確にし、システム開発にかかる費用を見積もるために必要と
なります。

■要件定義の担当

1. 要求定義、および要件定義はユーザ側中心で行うべきでです。ユーザ側でシステム化に関係する
部 門から担当者を集め、システム化のための委員会を発足などを行ってください。

2. 開発者はシステムに関する専門知識でユーザ側の要件定義作業を支援いたします。

■要件定義の方法

1. ユーザ側はシステム化したいことを明確に定義し、開発者に正確に伝えてください。

2. ユーザ側は自らの業務を定義してください。いつ、誰が、どこで何を、どのようにしているの
か、何のためにそれをしているのかをひとつずつ記述してください。

3. 業務上何が問題になっているのかを挙げて、それぞれの問題に対してどのように解決するのかを
記述してください。

4. 解決方法には、その業務を止める、アウトソーシングする、運用を変える、システム化する、等
があり、コスト面や体制面、関係者への影響等、いろいろな側面から検討して、決定してく ださい。

5. 問題解決の方法の中からシステム化するものについて、開発者は専門家の立場で助言していきま
す。

■要件定義の基になる資料(参考)

   1. 中長期事業計画書。
   2. 業務内部資料(業務マニュアル/業務定義書/業務フロー等)。
   3. 業務課題一覧。
   4. 現行システムがあれば、現行システムの各種資料(出力帳票/操作マニュアル/設計書/仕様書等)。
   5. ヒアリングシート。
   6. アンケート用紙。
   7. 打ち合わせ議事録。

■要件の種類
 業務面       業務スケジュール/部署/拠点/効率
 システム面     機能/操作性/品質/性能/セキュリティ
 運用面       リソース/保守性/拡張性/安全性/運用コスト/運用体制/リスク/ヘルプデスク

■要件定義の確認

   1. 課題は何か。
   2. その課題は何時まで続くのか。
   3. その課題は何時までに解決しなければならないのか。
   4. その課題を解決するとどのような効果が見込めるか。
   5. その課題は主にどこの部署の誰が担当しているのか。
   6. その課題はどのように解決しようとしているのか。
   7. 何故、そのような解決方法を取るのか。
   8. その課題は何が原因で起こったのか。
   9. その課題を放置するとどのような影響があるのか。
  10. その課題を解決する方法として、システム化を選ばなかったらどうなるか。

■要件定義書の項目

   1. 項番
   2. 部門
   3. 部門担当者
   4. 業務名
   5. 課題
   6. 課題分類コード(経営戦略、情報戦略、業務上の問題等)
   7. 対応方法
   8. 対応方法分類コード(業務プロセス変更、業務廃止、システム変更、新規システム化等)
   9. 優先度
  10. 実施期限
  11. 備考

■要件定義書作成時の注意点

   1. 一つの項目に一つの要件を書く。複数の要件を書かない。
   2. 「〜を〜する」のような表現で統一する。

■要件定義の変更管理

   1. 必ず文書にすること。
   2. 変更の理由や背景が明確であること。
   3. 関係者の合意が取れていること。
   4. 他の要件との整合性が取れていること。
   5. 工数や費用を見積もり、周知すること。
   6. 技術的な裏付けを取ること。
   7. 優先度と実現する時期を確認すること。
   8. 効果を試算すること。
   9. 変更した履歴を残すこと。

補足
システム化の範囲を策定する時の留意点

    * システム化の目的が明確であること。
    * システム化の目的が経営戦略に基づいていること。
    * 求める効果が明確であること。
    * システム化の前に業務の見直しをすること。
    * 業務改善を行い、運用だけで実現できるものは対象外とする。
    * どの業務のどのプロセスをシステム化するのかを検討する。
    * システム化に必要な技術を調査する。
    * システム化することにより、他の業務や他のプロセスに与える影響について検討する。
    * システム化に必要なコストを見積もる。
    * システム化の範囲策定に際しては、経営者、事業部門、IT部門の合意が取れていること。